無料ブログサービス無料ドメインが追加されたのでご案内いたします。

未来サーバーWordPress無料ブログサービス使えるドメインに新しく digiblo.com が追加され、全部で6つになりました。

下記のアドレスから無料で使えるドメインをご確認いただけます。

WordPressブログサービスで無料でご利用いただけるドメインについて

いつも未来サーバーをご利用いただきありがとうございます。

ご自身のホームページ、cPanelコントロールパネル、FTP、メールサーバーなどログインできなくなった場合、IPアドレスがサーバーのファイアーウォールにブロックされた可能性があります。

パソコンからサイトが表示されないが、同じネット環境につながっていないスマートフォンなどで訪問できる場合は、パソコンのIPアドレスがブロックされていますので下記のコメント欄にメッセージを投稿いただきIPアドレスの解除をお申込み頂けます。(コメントを投稿されるとIPアドレスが記録されるため、その情報を参考にサポート側で調査をさせていただきます。)

注: ご利用中のサイトURL(ウェブサイト)を必ずご教示願います。

重要: パスワードや個人情報はご記入にならないようにお願いいたします。

いつも未来サーバーをご利用いただきまして
誠にありがとうございます。

この度は、無料ブログサービスのスパムコメントへの対応及びセキュリティー機能を追加しましたのでご案内いたします。

 

スパム防止

ワードプレス無料ブログサービスのスパムコメントを防止するため以下のセキュリティー機能を追加させていただきました。
① 機械的なコメントを防止するためコメント欄にCaptchaが表示されるようになりました。
② 皆さんがスパムとして報告したコメントを定期的に調査、スパムであると判断した場合、下記の③と④を行います。
③ スパムコメントを発信するIPアドレスをブロックさせていただきます。
④ スパムコメントを発信するメールアドレスをブロックさせていただきます。

 

二段階パスワード

また、皆さんのログインに追加的なセキュリティー機能もご利用いただけます。ログインに関する追加的なセキュリティー機能としてGoogleのアプリを利用した「二段階パスワード」を導入いたしました。ダッシュボードで設定いただけます。

今回の案内は以上となります。
今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

未来サーバー
運営チーム

利用規約に変更があったのでご連絡いたします。

変更の内容は未来サーバーのサービスを利用されなくなったお客様の個人情報が管理サイトの https://www.client.miraiserver.com およびサーバーから定期的に削除されるためであり、利用者様のプライバシーをこれまでよりも尊敬することとなります。

下記の項目が追加されました:

7. プライバシーポリシーを厳守するため、サーバー利用、独自ドメインまたはその他のサービスを利用されてない状態が90日間続いたアカウントの登録情報が全て自動的に削除されます。

利用規約はこちら…

 

未来サーバー

運営チーム

cgiemailスクリプトの上流の制作者は、10年間もメンテナンスを提供していません。 cPanelはスクリプトの問題や脆弱性が発見されたときにパッチを提供しました。 最近発見されたソフトウェアの欠陥により、cPanel社はcPanelおよびWHMのcgiemailサポートを停止することを蹴って致しました。 cgiemailは最近の共有ホスティング環境にはもはや適していないと判断したとのことです。

cPanelの公式見解はこちら…

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

未来サーバー運営チーム

無料サーバーの多数のユーザーから要求にお答えして、無料サーバーのメモリーを倍の1024MBに増量いたしました。無料のユーザーと同じ容量になるといけないので、パーソナルとビジネスのプランも倍の2048MBに増量いたしました。

新しい設定が各アカウントに反映されるまで時間がかかる場合がございますので、少々お待ち願います。

確認方法は、cPanelにログインし、右の【統計】情報の【Virtual Memory Usage】の情報【??? バイト / 1 GB ( ???% )】が 1GB と表記されていれば設定が反映されています。

今回の増量は試験的に行わせていただく措置でありサーバーの安定性が失われた場合は、再度制限させていただきますのでご了承願います。

不正使用がなければサーバーの安定性に影響がないと思われますので、皆んなお為にも不正使用はご遠慮ください。

以上、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

未来サーバー

無料サーバー 運営チーム

この度はサーバー名tokaiとkinkakuのファイアーウォールを更新しましたのでご案内致します。

複数の改善と修正が行われるほか、WordPress REST API の脆弱性に対する特別な保護が追加されました。

現在のデータでは、この脆弱性を利用して200万以上(*)のWordpressサイトがハッキングされています。REST APIの脆弱性は1月に発見され、正式に1月27日に修正されましたが、まだ大半のサイトが最新のアップグレードに更新されておらずハッキングに侵されている状態のままのようです。

未来サーバーは貧弱性に対するパッチが適用されていないすべてのサイトを保護します。無料サーバーも保護されています。

この大規模なセキュリティー更新により、PHPアクセレレーターが影響されPHPが12時間程度停止され、皆様のホームページに接続エラーが発生し大変申し訳ございません。4:09 AMから13:07 PMの間、接続エラーが発生したことが確認できています。心からお詫び申し上げます。

以上、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

未来サーバー

運営チーム

 

(*) bleepingcomputer.com による数値 – WordPress REST API Flaw Used to Install Backdoors, https://www.bleepingcomputer.com/news/security/wordpress-rest-api-flaw-used-to-install-backdoors/

未来サーバーの利用規約を更新しましたのでご案内致します。

以下、更新箇所になりますのでご確認をお願い致します。

→ 個人情報
2. 登録フォームには個人が特定できる正確なお名前、住所、メールアドレスをご記入頂きます。これらの情報が不正確だと、登録を受付できませんのでご了承下さい。メールアドレスも使い捨てのアドレスは許可していませんのでご了承下さい。無名での登録をされたい場合はワードプレスのブログサービスをお申し込み下さい。

→ メールアドレスの確認が必須
4. メールアドレスの確認は必須です。確認されていない方はアカウントが停止されますのでご了承下さい。登録の際、アドレスの確認のため登録されたアドレスへメールが送られます。届いたメールアドレスに確認用のリンクがありますのでそちらにクリックしたください。

→ 報告がない間違い登録について
I.8. 無料登録のユーザーが無料サーバーの登録から30日間経ってもサイトを作成されていない場合、間違い登録とみなしアカウントを削除させて頂きます。

→ 自動制作サイト
II.11. ボットなどにより自動的に作成されるサイトは禁止しています。このようなサイトは警告なしで停止されます。オリジナルコンテンツがないコピーサイトも同じ扱いをさせて頂きます。

→ 広告について、次の項目が削除されました、

II.11. お使いのサーバー内で作製されたディレクトリ、「cgi」ディレクトリ、 「cgi-bin」ディレクトリの中に実質的なトップページやフレー ムページを除く主要なページを入れて広告表示がされないようにする行為を禁じています。

この機会に、利用規約をお読みいただきたいと思います。利用規約はこちら…

以上、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

未来サーバー

運営チーム

ウエブメーラーRoundcubeのデータベースをSQLiteに設定させて頂きました。

この変更は下記のベネフィットをもたらします:

  1. 簡単にRoundcubeデータを復元できます。SQLiteに変更すると各ユーザーのRoundcubeデータベースが個別のデータベースに保存されるため、単一のユーザーのデータを復元でき、サーバー全体に影響を与えることはありません。
  2. システムがユーザーの homeディレクトリにRoundcubeデータを保存するため、ディスク使用量を適切に追跡できるようになります。
  3. Roundcube のPHPプロセスがcPanelコントロールパネルユーザーとして実行されるため、問題のあるアカウントを簡単に見つけることができるようになります。
  4. 安全性の向上が見込まれます。各ユーザーのSQLiteデータベースは独立しているため、データベースの破損はシステム全体ではなく、単一のユーザーにのみ影響します。

以上、ご不明な点ございましたらお気軽のサポートフォーラムにて質問をご投稿下さい。

サポートフォーラムはこちら…

 

今後とも未来サーバーの応援の程よろしくお願い致します。

 

未来サーバー

運営チーム